« トヨタコルサ | トップページ | 入院の繰り返し »

日本酒の飲み比べ

 山形県の米鶴酒造の純米吟醸と出羽桜の純米吟醸と雪小町の大吟醸の飲み比べなんてものをやってみました。いずれも純米無濾過生原酒ですし、値段的にも近い日本酒です。

 一番最初の一杯でおいしいと思うのでは米鶴酒造ですが、飲んでいくとベタベタとした甘さを感じるようになり飽きてきます。一方出羽桜は一杯目は旨さという点で米鶴酒造には劣りますが、飲んでいってもさっぱり感は、あまり変わらずクイッと飲めます。一方雪小町は大吟醸ということですが、あまりそれらしさは感じられず、米鶴酒造ほどまろやかでもなく、ですが美味しさもあります。純米吟醸として売ればまあまあいい線かも。でもなんとなく飽きてくる。

 どれも甲乙つけられないが、純米無濾過生原酒の味の傾向というのがわかったような気がする。香りは麹系の吟醸香で、味はピリピリとした辛さと、甘味が同時に味わえる。喉越しはまずまずで切れはいいが、飲んでいくと甘味を強く感じてくる。といったところだろうか。

 出羽桜はすでにHPに載せてありますが、そのほかも随時載せていきます。

|

« トヨタコルサ | トップページ | 入院の繰り返し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20007/414146

この記事へのトラックバック一覧です: 日本酒の飲み比べ:

« トヨタコルサ | トップページ | 入院の繰り返し »