« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

夜明け前 吟醸 厳寒仕込(BlogPet)

きょうは追加しなかった?


*このエントリは、BlogPetの「」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空き容量は綱渡り状態

 空き容量が不足したRD-X4のためPSXも併用していますが、状況は良くなっていません。日曜日の朝にRD-X4の空き容量をチェックすると、1時間とか2時間という状態です。RD-X4の番組を消化しDVD-RAMに退避して空きを増やしているのですが、次の週になるとまたギリギリというのが続いています。

 一方PSXのほうは後2週間分ぐらいは録画できるようですが、RD-X4の消化のほうで一杯でPSXの方の消化がほとんど進んでいない状態です。いずれはいっぱいになってしまうでしょう。多分3月初旬か中旬ごろに。

 すべては仕事が極端に忙しいことなのですが、文句をいっても仕方ありませんし、もっと忙しい方もいるのですから。

 やばくなったらDVD-RW、DVD-RAMを大量に購入して退避しておくしかないでしょう。ちなみに今は16枚ほどのDVD-RAMを使用しています。DVDに大量に退避していずれ普通の労働時間になったとしても、DVDの消化でいっぱいになってしまいそう。う~ん、仕方ないか。

 ちなみに今はNHKで再放送していたサンダーバートを見ていますが、相変わらずいいですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜明け前 吟醸 厳寒仕込


日本酒に 株式会社小野酒造店 夜明け前 に 吟醸 厳寒仕込 を追加。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あしたをつかめ

 NHK あしたをつかめ2005年1月31日 19:30-19:55第32回自分の日本酒をつくりたい

 杜氏を目指す若者の番組でした。この「あしたをつかめ」という番組は、いろんな職業を紹介する番組のようでして、そのひとつとして酒造り職人を紹介したようです。

 番組で紹介された安食さんが勤める蔵元について番組では出ていませんでしたが、山形県新庄市で、杜氏が高橋 寿男さんとなれば最上川酒造株式会社です。

 内容は結構面白かったです。酒造りの厳しさ難しさがわかります。

 さて「あしたをつかめ」では第21回でプログラマーがあったみたいですが、止めておいたほうがいいですよ。プログラマー・SEなんて毎日10時間労働が最低、きついときには毎日14時間労働もあります。給料は残業代が前部出るならかなりいいものですが、実際には○ー○○残業をほぼ強要されますので、時間当たりにすれば安いです。精神的な病気になる確率も高く、過労で倒れることも珍しくないのですが、労災申請をしているケースはほとんどないみたいです。おっと、会社の人もここを見ているらしいので、このくらいにしておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PSXで録画その後

 PSX(DESR-5500)での番組録画機能を使って一週間がたちました。RD-X4との比較も含めて報告してみたいと思います。

 ①番組表
 PSXはG-GUIDを使用しており、RD-X4はD-EPGです。番組の情報量は似たようなものですが、説明や番組名などの質はG-GUIDのほうがいいようです。
 PSXはG-GUIDの広告が入り1列8行のため情報量は少ないです。RD-X4は広告がなく最大6時間8行の表示が出来ます。とはいえどちらもこれだけで番組を探して録画予約を行うのは困難ではないでしょうか?ただしRD-X4はネットワーク接続を行うことによって、パソコンでインターネットの番組表を見て予約を行うことが出来るので、非常に使いやすいです。

 ②録画予約
 PSXで特徴的なのがスポーツ延長と番組追跡機能です。まだスポーツ延長機能を使うような場面にはなっていませんが、スポーツ番組の後の番組は自動的に録画時間を延長してくれる機能です。そして追跡機能は、毎週録画するようにしていた場合、週によっては時間がずれる場合があります。それを自動的に修正してくれる機能です。この機能は非常に便利です。RD-X4の場合は自分で予約を修正しなければならず、忘れた場合には取れていなかったりしていました。

 x-おまかせ・まる録機能はキーワードやジャンルなどを登録しておけば、PSXがG-GUIDの番組表から見つけたときには勝手に録画してくれる機能です。RD-X4のほうはキーワードやジャンルから番組を検索することは出来ます。

 さてx-おまかせ・まる録機能ですが、俺はキーワードもジャンルも登録していませんが、やっぱり勝手に録画します。どうやら録画予約の内容から推測して録画するようです。出張先から帰ってきてくると予約していない番組が録画されていたりします。今のところかなり邪魔な機能ですが、積極的に使うと学習機能があってそれなりに使えるらしいですし、思いがけない番組を録画してくれたりして面白いらしいです。Webサーフィンみたいなものでしょうか?

 ③画質
 以外や意外とPSXのほうがいいです。RD-X4はチューナーはいいらしいのですが、エンコーダーが悪いらしく、特徴的なノイズが多く、レートを落とすと極端に画質が落ちます。PSXのほうは、どうなのかわかりませんが、ノイズが少なくくっきりとした感じとなっています。

 ④管理
 録画した番組の管理ですが、PSXは縦に一覧形式でズラーッと並ぶ感じになります。スクロールが早いので使えますが、その中から番組を探そうとすると意外と使いにくいです。一覧自体は1画面に6個ぐらい表示するのですが、番組名などを表示するのは中央の1個だけであとはサムネイルだけです。

 RD-X4はMS-WindowsXPのエクスプローラの並べて表示のような感じで、サムネイルつきで1画面で6個、リスト形式では1画面に24個も表示できます。すべて番組名を表示してくれます。

 ⑤その他
 RD-X4は予約登録するときに音多連動自動チャプター分割という機能があります。音声多重の切り替えを検出してチャプター分割を自動的にしてくれる機能です。これはCMカットに使うもので、CMの前後にチャプターを入れることが出来る(番組のよっては動作しません)ので、見るときにチャプタースキップでCMを飛ばすことが出来ます。PSXにはこういう機能がないので、見るときにCMになったらフラッシュで飛ばすことになります。一回で10秒飛ばすので1分30秒のCMの時は9回も押さなければなりません。RD-X4の場合はワンタッチスキップが同じ機能で1回で30秒飛ばします(標準では、変更することが出来ます)。

 PSXはHDDの空き容量を表示する機能がないように思います。マニュアルにもないようですし、いろいろ操作してみましたが、見当たりません。これがないと辛いです。

 総合的な感想としてはPSXはスポーツ延長や番組追跡など新しい機能がありますし、基本機能も満たしているので、思っていたよりは使えるものでした。ただ、しっかりと使っていこうとするとRD-X4のほうが使いやすく安心感があります。これはコンセプトがまったく違う(両極端といってもいいぐらい)製品なので、どちらがいいとか悪いとかではないでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »