« 包丁研ぎ | トップページ | 春の新番組について »

DVD-RAMの寿命パート2

 以前DVD-RAMの寿命?で、DVD-RAMに録画した映像や音が飛ぶと報告しましたが、結局10枚ほど駄目になってしまいました。駄目になったのはすべてmaxell DVD-RAM 3X SPEED 4.7GB DATA(多分型番はDRM47B)でして、ほぼ同時期に入手し同程度録画を行ったPanasonic CPRM対応DVD-RAM 4.7GB(多分型番はLM-AF120L)はまったく問題なく使えている。

 ためしに駄目になったmaxellのDVD-RAMをパソコンから書き込んでみると、問題なく書き込めるし、ちょっと見た感じでは映像や音が飛ぶということはなさそうだ。ただし、データは短い700MB程度のものだったのでなんともいえないのだが。もしかしたら、RD-X4の東芝製ドライブとmaxellのDVD-RAMとの相性の問題かもしれない。

 ちょっとというかかなり納得できないので、同じmaxellの映像用DVD-RAM(多分型番はDRM120B)を購入してきました。結果がどうなるかは多分半年後ぐらいにわかると思います。

 でもデータ用に映像を録画して悪いということはないだろうし、これがわけのわからない台湾メーカーのものだったらあきらめもつくのだが。使えないものは使えないということで。

|

« 包丁研ぎ | トップページ | 春の新番組について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20007/3855630

この記事へのトラックバック一覧です: DVD-RAMの寿命パート2:

« 包丁研ぎ | トップページ | 春の新番組について »