« DVD-RAMの寿命と相性パート3 | トップページ | GRAN TURISMO 4開始 »

DVD-RAMの寿命と相性パート4

先日購入したPanasonic DVD-RAM 120分 2-3X LM-AF120LP5 日本製 MID:Matsushita Electric Industrial CO.,LTD.PanasonicLM-AF120LP5ですが、HPで調べると生産終了品だそうです。それはともかく、RD-X4でダビングしてみると、最初の3枚は問題なく完了して、やっぱりPanasonicはいいんだなんて思ったものです。数日後残りの分をダビングしてみると、ダビングそのものは完了するのですが、中身を見ようとするとエラーが出てしまう。どうやらサムネイルを表示するため読みにいったところでエラーになっているようです。う~む、自分で書いたものが読めないなんてだめだめじゃん。しばらくたってから読み込ませてみると何とか読み込むが、中身はエラー頻発。

 Panasonicのメディアはいいと聞いていたのになあ。ちなみにパソコンで再生してみると問題なさそう。なんかピックアップがいっちゃっている感じがする。HPを見ると修理に出しても同じ現象が発生するらしいです。もうこんなくそドライブはイヤっ!ということでRD-X5を予約してきました。連休中には入手できる予定です。松下ドライブ、600GBディスク、Wチューナーなので、楽しいテレビライフが送れそうです。楽しみ!!

 予断ですが、今まで駄目だったメディアはパソコン(松下ドライブ)では、まったく問題なく読み書きできます。

|

« DVD-RAMの寿命と相性パート3 | トップページ | GRAN TURISMO 4開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20007/3948281

この記事へのトラックバック一覧です: DVD-RAMの寿命と相性パート4:

« DVD-RAMの寿命と相性パート3 | トップページ | GRAN TURISMO 4開始 »