サイボーグは現実に作れる!?

 NHKスペシャル 立花隆 最前線報告
 サイボーグ技術が人類を変える
 NHK総合 2005年11月5日 21:00-22:15

 とっても怖い番組です。サイボーグってSFやアニメの中だけの話かと思ったら現実はかなりのところまで研究が進んでいます。

○腕ロボット
 肩から下を失った方が腕ロボットを装着し操作する。ただし神経の信号をコンピューターが読み取って腕を動かしており、本人は普通に腕を動かすだけ。

○人口眼
 視力を失った方がビデオカメラの映像をコンピューター処理し、直接脳に電極を差して伝えるというもの。研究者が亡くなったため中途半端だが、視神経はとても密度の濃い部分です。あんなもので見れるとはすごい。

○ロボット・スーツ
 なんて健常者に人工的な足や腕を補助的に装着させ、その力をもの十倍まで増力させるというもの。電動自転車の仕組みと同じですが、神経から信号を受けているため、特別操作するという意識が無いという。足の力が弱った方のためもあるが、工事現場での活躍も期待されているという。つまり人間の体では無理だった力を出せるということ。しかも今年中に実用化を計画しているという。

○人口手
 腕ロボットと同じものだが一つ違うのは指先にセンサーが付いており、それをコンピューター処理して触覚神経につないでいるというところ。したがって柔らかい感じとかが出せるようだ。

○脳深部刺激療法
 脳の奥不覚に電極を刺し、コンピューター処理した電気刺激を与えることによって、パーキソン病、ジストニアなどが治るというもの。実際には病気が治るのではなく症状を抑えるというもので、番組ではシステムの電源を落とすとすぐに症状が現れ、電源を入れなおすと即座に症状が治まっていた。

○脳・コンピューターインターフェイス
 脳に直接電極を差しその信号を解析することで、手足の動きを分析するというもの。上記の手や腕は末端神経から信号をとっていたが、脳から直接信号を受けるものである。サルの実験では脳から信号をとり腕ロボットを動かす実験をしており、見事に動いていた。人間で実験も行われ始めたようだ。
 さらに脳に信号を送る実験も行われており、マウスの実験では快楽刺激を与えることでリモコン操作できるようになっていた。

○人口海馬
 海馬は記憶する部分であるが、その信号処理をコンピューターでシミュレーションすることによって、人口海馬を作ろうというもの。これが実現すれば記憶の退避、入れ替えなども出来てしまう。

 研究段階のものも多いですが、すでに実用化されているものや、実現間近のものも多いです。怖いのは軍事目的の研究が多いというのが一番怖いです。たぶんリモートロボットというのが実用的かもしれません。ロボットと人間の脳は接続され、リモートでロボットだけが戦争現場に行き戦う。操縦装置などによるリモート操作では感覚のずれなどがあり操縦性がいまいちだったが、脳とつながっているのだから、現場にいる感じで戦うことが出来る。しかもやられたとしてもロボットだけであり、人間が無事というのがこの技術の正当性を確保するには十分であろう。

 人工授精と同じように人間としていいのかという問題があります。治療という名目だと結構何でも受け入れてしまいます。心臓ペースメーカーや人口内耳なんかは保険がききますが、よく考えれば大して変わらないような。

 興味がある方は再放送をどうぞ。怖いです。NHKスペシャルにリンクを張ってありますが、写真だけでもゾクッとします。

 NHK SPECIAL HOME PAGE
 SCI(サイ)
 YOMIURI ONLINE
 研究助手の悲哀
 大石英司の代替空港
 KAZHOME'Skun
 TOKYO NOMAD'DAYS
 きつねのすみか

| | コメント (0) | トラックバック (1)

女王の教室

 ドラマが苦手な俺が久々にはまったドラマが日本テレビ系列「女王の教室」でした。

 最初に見たのは2話目か3話目くらいで、たまたまテレビをつけながら他の事をしていた時に放送が始まり、すぐに引き込まれてしまったのです。鬼教師の差別・虐待ともいえるような指導にはホラーにも似た恐怖を感じたのです。さらに生徒の一人の神田和美役(志田未来)のキャラもいいです。テヘッ

 その後話が進むようになってエンディングが想像出来ちゃったんですよ。いじめるために厳しいのではなく、計算された教育としての厳しさ。そして生徒はそれを知りハッピーエンド。それじゃつまんないですよね。実際のエンディングは想像とは若干違っていました。再び再教育センターに戻されるとは思っていませんでした。でも大きくは外れていないなあ。最後は結構つまらない。

 それと、教師は生徒に教えられるという意図も少しは見せていたようですが、もっと見せても良かったのではないかなあ。また、ハッピーエンドでなくてもいいのかな、なんて最後まで見て思いました。

 久々に最後まで見てしまったドラマでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

A 3ヶ月で終了!! エーーッ

 だじゃれですみません。

 日本テレビ 日曜日 19:58-20:55 「A」という番組がたった3ヶ月で終了した。
 この番組は久米宏がメインキャストということで話題になった番組だった。開始2回目ぐらいに10分ほど見たことがあるが、つまらなかった。つまらないと思ったのは俺だけではないようで、たった3ヶ月で終了してしまった。
 Yahooニュースによると、まあいろいろあるみたいです。

 そのあとにはとりあえず、「特命リサーチ200X-2」が復活するようだが、この番組は大好きなので大歓迎です!!復活するのは3日と10日でその後は?日テレさん期待していますよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

春の新番組について

 春の新番組もとりあえず出揃ったようですが、見た中で感想などを。

 エンジン フジテレビ系列 月曜 21:00-21:54
  この手のドラマにはまったく興味がないのですが、モータースポーツファンとしてはフォーミュラーニッポンが撮影に協力しているとあっては、見ないわけには行きません。しかし、やっぱりドラマは俺には向いていないし、肝心の走行シーンとかはあまりないし、あっても迫力不足。もう見ない。

 金のA様×銀のA様 日本テレビ系列 木曜 19:58-20:54
 以前は深夜で放送していたおすぎとピーコの金持ちA様×貧乏B様がゴールデンに進出したものです。ピーコの金持ちA様×貧乏B様は玉に見ていましたが、金持ちと貧乏になる分岐点を分析するというもので、結構面白かったですが、金のA様×銀のA様は金持ちにアピールしたりするような内容に変わってしまっていて、結構退屈。多分もう見ない。

 おしゃれイズム 日本テレビ系列 日曜 22:00-22:30
 以前は同じ時間帯におしゃれ関係という番組で古舘伊知郎と渡辺満里奈が司会進行を行うトーク番組でした。古館さんのつっこみがよかったので結構見ていました。今度は藤木直人、上田晋也、森泉で司会進行するのですが、はっきり言って今のところは上田一人でやっている感じで、森泉は一応ボケ役らしいが、ほとんど発言無しだし、これからキャラを引き出せるかどうかで、面白くなるかどうか。藤木もがんばっている感じはするが、トーク番組の進行役という感じじゃないです。ちょっと見守っていきたいと思います。

 世界!超マネー研究所 日本テレビ系列 土曜 19:00-19:57
 この手の番組は今までにもいくつもあったように思いますが、まあまあ面白いですね。石本のボリビアでの金儲けはこれから次第では化けるかもしれないし、ぽしゃるかもしれない。土曜日は面白い番組が少ないので見るかも。

 とりあえずこんなところかな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

あびる優 復活したけど

 今日昼飯を食いながら「アッコにおまかせ」を見ていたら、最後のほうであびる優が復帰すると出てきた。

 最初のうちこそ静かにしていたが、結局はいつもの生意気な感じに。まあ、それが彼女の持ち味だからいいけど。芸能界って簡単に復活できるもんですねえ。店をつぶすくらいの強盗をやっているのに。

 島田紳助の場合は有罪になったけれど、そのきっかけは同情できるものだったし、人気もあるし視聴率男ですから放送局も早く復帰してほしかったし、俺も早く復帰してほしかった。

 あびる優は、それほど人気があるわけでもないし、好きでもないというかどちらかというと嫌いなタイプなんで、復活しなくてもいいけれど、結局注意だけで罪は犯していないことになったし、ホリプロと大きなところに所属しているからなんでしょうね。

 どうでもいいや。今日の昼飯はたまねぎ入りの納豆、ひじき、玉子焼きでした。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

太陽系グランドツアー

 以前に太陽系グランドツアーを紹介しましたが、また放送がありました。

 太陽系グランドツアー 2005年4月1日 04:50-04:59 NHK教育テレビ

 たった、10分だけの番組なのでしょうか。残念ながら途中で切れていたのでわかりません。

 今回は、惑星探査機による惑星映像(実写とCG)がメインのようです。金星探査機マゼランによる金星、ハッブル宇宙望遠鏡、火星探査機バイキングによる火星、惑星探査機ボイジャー1号・2号でした。

 相変わらずナレーションは一切なく極々簡単な字幕による説明と音楽と映像だけ。こういうの好きですわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マニアックな番組

 2005年2月21日20:00~21:50 NHKハイビジョン
 ハイビジョン特集 「徹底分解・伝説のレーシングバイク・世界最小・6気筒エンジンのすべて」

 タイトルからしてバイクエンジンの性能がすごいという番組なのかと録画しておきましたが、仕事が極端に忙しい時期だったので見ることもなくHDDの中で眠っていました。

 番組の内容はマン島TTで優勝したHONDA RC166を番組内で分解して見せるというものです。途中途中でRC166の功績やエンジンの基本的な説明なども入りますが、HONDAのメカニックが分解しておりゲストがそれを見て驚嘆するという番組でした。驚いちゃいますね。こんな内容で2時間を番組を作っちゃうなんて。タモリ倶楽部でさえもまっさおな番組です。

 まずはオープニングでエンジンをかけてエンキゾーストを聞かせるのですが、さすがはレーシングバイクで、雑音の少ないすばらしい(すごい)音に感動です。16000rpmまで回したそうです。その後フレームから分解していきますが、やっぱりエンジンを分解しているところがメインでしょう。特にクランク、コンロッド、ピストンが組み立てられたまま、シリンダーから抜けたときには良かったです。さすがにミッションとクランクシャフト(組み立て方式らしい)、クラッチの分解はやりませんでしたが、それは以外は一応ほとんど分解しちゃいました。

 さて、カムシャフトの映像が写ったときに一部にぼかしが入っていました。途中でHONDAのメカニックがカムシャフトをあんまり撮らないでくれといっていました。番組中で理由らしきことを言っていたのですが、バックと重なってよく聞き取れません。多分メーカー名か何かだと思うのですが、30年も前のものでも秘密があるんですね。

 もうひとつは、分解なので大量のボルト類を外すのですが、必ずカキーン、カキーンと音が鳴るんですよ。ある程度強いトルクで締め付けないとならないし、ボルト類もいいものを使わないと伸びてしまったりして音が鳴らないんですよね。当然座面が綺麗な水平でなければなりませんし。

 面白かったですね。生で(ハイビジョン)で見たかったなあ。しかし、どういうところからこういう番組を作ろうと企画が起きるのだろう?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2足歩行ロボット対戦!!

 日本テレビ系列 日曜20:00~20:54 ワールド★レコーズという番組があります。以前は200Xという番組をやっていて大好きだったのですが、かなり前(去年4月だったかな)にこの番組に変わりました。変わった最初は数回見たのですが、つまらなくてすぐに見なくなったのです。

 たまたま、本日見たところ、果物剥きとかくだらなかったのですが、「ロボットバトル世界一決定戦!」にはびっくりしました。2体のリモコンによって操作される二足歩行ロボットがさまざまなアクションを繰り出しながら対戦するというものです。

 二足歩行というのは非常に難しい制御で、本田技研がASIMOを発表したときには、スムーズな二足歩行とさまざまなアクションに、すごく感心したものです。ところがこの番組の中でロボット達は二足歩行を当たり前とし、さまざまなすばやいアクションによってバトルしているのです。ついにこんな時代が来てしまったのかとびっくりです。

 じっくり見ていると、二足歩行ロボットといっても制御の質はさまざまなようで、制御がイマイチでブルブル震えていたり(でも勝っていたけど)、ものすごく大きな足をしていたり。

 まだリモコンですが、そのうちロボット自身が考えてバトルする時代もやってくるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)